不倫サイトとは

不倫をしてみたい』『刺激が欲しい
など思うことが色々とある人が当サイトに訪れたのだと思っています。

このサイトでは、不倫をしてしまった方・不倫は悪いことだと思っているけど気になっている方へ様々な情報を提供出来ればと思います。

当サイトでは、不倫のオススメサイトや全国地域別に不倫に興味がある女性を紹介しています。
※この女性たちは実際に不倫サイトに登録している女性なので既に退会している可能性もあります。

目次
  1. 既婚者の不倫はネットの出会い系サイト
  2. 不倫をしてしまう男女の傾向は?
  3. 不倫がバレた時のリスクは?
  4. 不倫だけが目的の専門出会いサイト
  5. まとめ-不倫は自ら動くべき
  6. 不倫募集中の女性検索

既婚者の不倫はネットの出会い系サイト

既婚者の不倫はネットの出会い系サイト
ここ数年で、マッチングアプリなど『本当に出会える』として有名になっています。
恋をしたい若者が圧倒的に利用者が多いですが、20代~30代以降の若妻達が出会い系サイトを利用している率が年々高まっている事をご存知でしょうか?

その目的は

『不倫』です

特に専業主婦やお互い仕事で時間が中々合わない夫婦の比率が多いんです。

  • すれ違い
  • セックスレス
  • 時間を持て余す
  • マンネリ化

理由はまだまだ多いですが、その中でも上記は圧倒的な多さになっています。

どうして不倫経験者が年々増えてきているのか?
不倫に対する罪悪感はないのか?
出会い系サイトやアプリを使う事に抵抗感はないのか?

不倫に対する抵抗感が薄れてきている

若年層でも離婚率が上昇している原因がやはり『浮気』。
浮気が原因で離婚=不倫相手がいた。という事になりますよね。

こんな理由で確定付けするのもなんだかなあと思いますが・・・。
やっぱり結婚をすると外部との接触も減ります。自由な時間も減ります。
そのために今までした事がない事をしてみたくなってしまう傾向があるようです。

マッチングアプリが火付け。出会い系サイトに対する抵抗も減っている

最近は、若い世代で『マッチングアプリ』を使って出会いを探している男女が増えています。
その影響かは定かではありませんが、出会い系サイトに登録する女性(特に人妻)が急激に増えてきています。

大手として有名な『PCMAX』
このPCMAXで検索画面を開くと分かりますが項目の中に、既婚者OKがあります。

PCMAXで不倫

PCMAXに限らず、出会い系サイト内では好みのタイプや容姿など検索出来る機能がありますが
大手のPCMAXで既婚者検索がある時点で、不倫に興味があるユーザーがいるということが分かると思います。

不倫をしてしまう男女の傾向は?

不倫をしてしまう男女の傾向は?
不倫は、言葉は違えど浮気と同じであって人によっては

『不倫関係でそれ以上は求めていない人』
『旦那・嫁以上の存在が現れて本気になる人』

また、不倫だけど不倫じゃないと認めない人もいます。

『肉体関係に至っていないから不倫じゃない』

性欲を満たしたい・必要とされたい男

やはり家庭を持っている男性が不倫をしやすいですね。
子持ちともなれば、夫婦の時間は減ってしまい自分の時間もなくなってしまう。
それでいて、夜の営みがなくなれば不倫に手を出しがちです。

金銭的に余裕がある男性はまず手を出すのが『風俗』
しかし風俗に行く金銭もないと必然的に出会い系サイトに手を出すかあるいは職場の同僚と関係を持つ場合が多いです。

セックスレスが理由の女性がほとんど

女性が一番辛いと思う事はなんだと思いますか?
それは『女性として見られなくなった』時です。

確かに男性は、嫁との営みが面倒だと思っても思ったまま口に出すこともなく適当な理由を付けると思います。
しかし感が鋭い女性は(もう興味がないんだ)と自覚してしまいます。

確かに家庭も円満で関係が良好であっても、夫婦の前に『女性』でもあります。

こういった悩みを持つ女性が増えていき、最初は相談相手のつもりで接していき徐々に女性として見られたい・見てくれている相手に気を許していってしまいます。

もちろん不倫=セックスというわけではありませんが、不倫をする女性の傾向からするとセックスレスが原因だと言われています。

不倫がバレた時のリスクは?

不倫がバレた時のリスクは?
実際に不倫をして夫・嫁にバレたときのリスクはどうなのか?

不倫自体は実は『法律に触れる』行為でもあります。
結婚をしている人には『婚姻生活の平穏を維持する権利』を持っているんです。

つまりこの権利を持っている夫婦が『不貞行為』に及ぶとこの権利を侵害した事になります。

不貞行為とは、夫または妻が、配偶者以外の異性と性的交渉を持つことです。不倫とも言います。
民法770条1項2号に離婚原因の一つとして規定されています。不貞行為をされた配偶者は、相手配偶者に対して離婚の請求をすることができます。
また、不貞行為をされた配偶者は、不貞行為の相手方となった異性に対して、平穏な家庭生活を破壊・侵害されたことを理由として民法709条、710条により損害賠償請求訴訟(慰謝料請求訴訟)を提起することができます。
慰謝料額は、100~300万円の間で判断されることが多くなっています。

また、不倫を間近で見ていた人が言うには

『不倫をしている=理性を失っている状態でもあるから、人の忠告に耳を傾けず周りが見えなくなりがちです。そのせいで身近な友人が距離を置く状態になっていました』

更に、自分が独り身で相手に家庭がある人と不倫をした為に、本命の相手を見つける事が出来ずに婚期を逃してしまう事も。
縁を切ろうとしても、『妻・夫と別れる』と待たされ続けてしまうパターンが多いようです。

たった一回だけでも、もし相手にバレるような事があれば相応の報いを受けないといけなくなります。
バレたらそれだけ大変な関係だという事は知っておくべきでしょう。

不倫だけが目的の専門出会いサイト

不倫目的だけに特化した出会い系サイトです。

目的が合わない】【関係が続かない

など、上手くいかない方にオススメのサイト3選です。

LOVE MATCH

既婚者匿名SNS~MEET~

不倫・セフレ探しはあいかつ

不倫が完全に悪いことなのか?

不倫が完全に悪いことなのか?
上記でも不倫専門のサイトを紹介しましたが、実際に不倫経験がある人は大勢いると思います。
昨今では芸能人の不倫スクープが度々報道されていました。傍から見ると『悪いこと』『許すな』とまるで事件を起こしたような雰囲気でした。

しかしそれは、世間に露出している芸能人だからこそであると思うし、人間である以上そういった関係を持ってみたいかもと思わないとも限りません。
あくまで不倫は自己責任であるし誰かに迷惑を掛けたのか?と言われるとどうなんだろう?と思います。

不倫を完全推奨するわけではありません。しかし羽目を外したい時も多いはずです。